エホバの証人二世 ルデア の傷跡ブログ

新興宗教カルト宗教の二世が立ち直った方法

エホバの証人だったことを「恥じない」

自分にもあったことだが、自分がエホバの証人だったことで恥ずかしく思ったことがままあった。学生時代はもちろん、エホバの証人を辞めたあとの社会人になってからもずっと。

確かにカルト宗教だった上、多くの人に「奉仕活動」という名の迷惑行為をかけてきたから恥ずかしく思うのも当然だと思う。それに、異次元の人間だと思われると思うと、元エホバの証人だったことを伝えることなど伝える意味なんて無いように感じる。

もちろん、自分の友達や親友に「自分はエホバの証人だったんだよ」と言って回る必要は無いが、それを「恥」と思う必要まではないと思う。

二世なら親がエホバの証人だったならエホバの証人にならないといった選択肢もなかったわけだから、その点を考えて自分を責めてはいけない。むしろよく頑張った、よく耐えた、と自分を褒めてもいいと思う。そう、二世は自分がエホバの証人だったからといって自分を一切責めるべきではない、責めるべきは親及びそのその組織の在り方でしか過ぎず、仮に責めたとしても、一切意味はない。

ならこの恥に思ったこの感覚をどう処理すればいいのだろうか。

 

それは、以前も伝えたことだが、過去の経験から自分はこのジャンルで成長する事ができた、といったポジティブな考え方を持つことと、自責的・自罰的にそれらをとらえず親の生き方がそうだったから仕方がなかったからなるべくしてなってしまったとしか思うことの方がいい。前者のポジティブさに関しては前回述べたので省略するが、後者に関しては諦めの境地がなせる業で、意外とこれらの考え方を持てば、あらゆることが許すことに繋がり、より人生の強者になれる思想でもあると個人的に勝手に解釈している。というのも、それらは自分の手中の外にあるものでどうしようもなかったことだからだ。この世から貧困と差別と戦争がなくならないのもこの考え方で納得できるものであるとも僕は思っている。かと言ってそれを自責の念にかられる必要は果たしてあるだろうか。恥と思う感情も同じである。自分がエホバの証人だったからといって、恥と思うことはむしろベクトルが違うところに行っている。すなわち、どうしようもなかったことを変える力なんて子供の頃には持ち合わせているわけはない、それなら、受け入れてしまって至極まっとうであるなら、それに対する責任の所在は自分ではなく、親でしか過ぎない。

恥じるといったことは決して悪いことではないが、その恥ずかしい思いで自分を苦しめる必要はさらさらない。

エホバの証人だった過去があったとしても、それから得たこと、自由の大切さや対人スキルのアップなど長所に変えられることを考えて、それを今の生活に活かすことを考えてみたほうがいい。

そう、その恥を生み出したのはあなたではなく、親や周りの社会が原因なのだから。